所得税と住民税が減免される?

MENU

所得税と住民税が減免される?

父子家庭に対する所得税・住民税の減免措置として、寡夫控除があります。

 

ただし、適用されるのは、次の条件をすべて満たしている場合に限ります。

 

(1)妻と死別、または離婚後、婚姻していないこと。あるいは妻が生死不明であること。
(2)生計を一にする子ども(所得が基礎控除の額以下)があること。
(3)父本人の所得が500万円以下で、65歳未満であること。

 

該当する方は、職場、税務署もしくは区役所の市(課)税課におたずねください。

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


国民年金と国民健康保険が免除??
国民年金の場合は収入が少ないとかで、納めることが困難な人(母子家庭)は、保険料の免除が受けられます。
粗大ごみ等処理手数料が減免??
児童扶養手当を受けている世帯など、粗大ごみ等処理手数料の減免制度があります。お住まいの市町村役場に問合せると良いでしょう。
交通機関が割引??
すこしでも生活費を抑えられる方法はいくらでもあります。母子家庭や父子家庭などの「ひとり親家庭」には多くの優遇制度があり、その中に交通機関の割引制度があります。
上下水道の減免も??
児童扶養手当を受給している世帯などは水道基本料金や料金の一部が免除される場合があります。
預金利子非課税について
利子非課税制度とは、少額預金や少額公債、郵便貯金それぞれについて、元本350万円まで利子が非課税になる制度です。
保育料の免除や減額について
母子家庭を支援する保育料の免除や減額です。ただしこの保育料の援助システムは、自治体によってかなり異なっていますので事前に確認をしましょう。
福祉定期貯金について
福祉定期預金制度とは通常の定期預金に比べて有利な利息を受けることができます。 1人につき定期預金は300万円までで、期間も1年間と限定されています。