母子年金の手続きについて

MENU

母子年金の手続きについて

遺族基礎年金は、死亡した者によって生計を維持されていた子のある妻、子。
子とは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子。
20歳未満で障害等級1級または2級の障害者のことです。
保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。)
792,100円+子の加算

 

子の加算
第1子・第2子 各 227,900円
第3子以降   各  75,900円

 

(遺族厚生年金)
遺族厚生年金は、遺族基礎年金の支給の対象となる遺族、子のある妻、子以外に、子のない妻、
55歳以上の夫、 父母、祖父母(60歳から支給)、孫(18歳の誕生日の属する年度の
年度末を経過していない者、または20歳未満で1・2級の障害者)も対象です。

 

保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が国民年金加入期間の3分の2以上あること。)

 

遺族厚生年金の額は、報酬比例となりますので、給料などの条件で個人差があります。
失業保険とは関係のない情報ですが、女性にとって知っていて損はない情報です。

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


児童手当の手続きについて
学費に雑費、服飾費・・・子供の教育には何かと費用がかかります。特に兄弟が多い家庭だと、子供の学費だけで生活がめいっぱいになってしまうことも。ですが、手続きすることで子供一人に対し手当が支給されるのをご存知ですか?子供の教育にはお金がかかるものですから手続きの仕方をキチンと勉強しておきましょう。
児童扶養手当の手続きについて(母子家庭)
母子家庭(シングルマザー)手当金と助成金母子父母家庭での助成や手当と言っても、全ての家庭が一律もらえるのでは無く、それぞれの家庭で支給額も違ってきますので注意が必要でしょう。ココで自分に該当するか?否かをシッカリ見極め損しない手続を行なってください。
特別児童扶養手当の手続きについて
身体や精神に障害のある20歳未満の児童について、特別児童扶養手当を支給し児童の福祉の増進を図るための制度です
母子・父子家庭のための住宅手当
20歳未満の児童を養育している母子家庭の世帯主で、月額10000円を超える家賃を払っている方などを対象に助成制度を設けています。助成を受けるには、各自治体での条件がありますので、それぞれのお住まいの市町村自治体の確認が必要です。
片親(母子)家庭等の医療費助成制度について
母子家庭等医療費助成金制度は、母子家庭等に対しその医療を受けるのに必要な費用の一部を助成することにより、母子家庭等の福祉の増進に寄与することを目的とします。
知ってて案心!生活保護の手続き
健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、一日も早く自分の力で生活できるよう手助けをする生活に困っているときに、その程度に応じて生活保護費が支給されるのが生活保護制度です。
小児医療費助成制度の手続きについて
小児医療費助成制度とは、0歳から中学校卒業までのお子さんをお持ちの家庭の経済的負担を軽減し、小児に対する福祉の増進を図ることを目的とした制度です。小学校6年生修了までのお子さんの入院及び通院、中学生以上のお子さんの入院に対する保険診療の自己負担分を助成します。