児童手当の手続きについて

MENU

児童手当の手続きについて

学費に雑費、服飾費・・・子供の教育には何かと費用がかかります。
特に兄弟が多い家庭だと、子供の学費だけで生活がめいっぱいになってしまうことも。
ですが、手続きすることで子供一人に対し手当が支給されるのをご存知ですか?
子供の教育にはお金がかかるものですから手続きの仕方をキチンと勉強しておきましょう。

 

ここで勘違いしてほくないことがあります。
児童手当は上記の費用の目的で支給されているので、特に規定はないですが、
子供のために使いましょう。

 

児童手当とは、子どもがもらうものではありません。
「お父さん、お母さん、手当を支給するから子育てがんばって!
子どもを大切に育ててね」というのを目的に、「児童を養育している人」に支給される手当です。
いくら養育者に支給されているといっても、児童手当法に、児童手当を使う目的が定められていますから「児童を養育するために」使ってくださいね。

 

このお金で飲みに行ったりすると法律違反ですよ!

 

児童手当は、第一子と第二子、第三子それぞれ年齢などにより支給額が変化しますが、下記の表とおり支給されます。
ただし、ここでの「第一子・第二子......」というのは、支給対象になる児童のことのみを指しますので注意しましょう。
例えば実際に児童手当がもらえる対象となるのは、日本国内に在住の0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)となります。

 

※(2012年3月末で今までの子供手当ては廃止されています。 )

 

支給対象年齢

支給額(月)

0歳〜3歳未満 15000円
3歳〜小学校修了前 10,000円(第1子・第2子)15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円

 

・児童手当支給日・支払いの時期

 

10月分〜1月分(4カ月分)の手当は2月に支給
2月〜の4ヶ月分は6月に支給
6月〜の4ヶ月分は10月に支給
   (支給の詳しい日にちは各自治体で決められています)

 

詳細は各市町村から交付されるので必ずチェックしてくださいね。

 

児童手当の支給対象は、「児童を養育している人」ですから、子どもの両親でなくても受けられます。
でも、児童手当を受けるには、3つの条件がそろっていなくてはなりません。

 

まず、「15歳の誕生日を迎える年度の3月31日までの児童を養育していること」。

 

 

当たり前ですが、子どもの年齢が合わない人や子どもがいない人には児童手当は支給されませんね。
そして、次の条件は、「日本国内に住民登録をしていること」。
もし、海外へ単身赴任しているお父さんが除籍していたりすると、この条件に当てはまらなくなります。

 

逆に、国籍が外国籍の人でも、日本国内で外国人登録をしていれば、児童手当の支給対象になります。
最後に、「所得制限の範囲内であること」。
所得制限960万円が線引き(夫婦二人子供二人の場合)。
子ども手当の所得制限世帯には5,000円支給。
児童手当支給のための所得は、世帯の合算ではありませんが、養育している人のうち一番所得の多い人に合わせて計算されます。
その所得の範囲は、加入している年金や扶養家族の人数によって違ってきます。

 

下記に所得制限と扶養家族の人数をまとめてありますので参考にして下さい。

 

扶養親族等の数

所得基準額

0人

630万円

1人

668万円

2人

706万円

3人

744万円

4人

782万円

5人

820万円

 

所得制限の詳しくは各自治体にお問い合わせをお願いいたします。

 

失業保険とは関係のない情報ですが、女性にとって知っていて損はない情報です。

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


児童扶養手当の手続きについて(母子家庭)
母子家庭(シングルマザー)手当金と助成金母子父母家庭での助成や手当と言っても、全ての家庭が一律もらえるのでは無く、それぞれの家庭で支給額も違ってきますので注意が必要でしょう。ココで自分に該当するか?否かをシッカリ見極め損しない手続を行なってください。
特別児童扶養手当の手続きについて
身体や精神に障害のある20歳未満の児童について、特別児童扶養手当を支給し児童の福祉の増進を図るための制度です
母子年金の手続きについて
遺族基礎年金は、死亡した者によって生計を維持されていた子のある妻、子。子とは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子。
母子・父子家庭のための住宅手当
20歳未満の児童を養育している母子家庭の世帯主で、月額10000円を超える家賃を払っている方などを対象に助成制度を設けています。助成を受けるには、各自治体での条件がありますので、それぞれのお住まいの市町村自治体の確認が必要です。
片親(母子)家庭等の医療費助成制度について
母子家庭等医療費助成金制度は、母子家庭等に対しその医療を受けるのに必要な費用の一部を助成することにより、母子家庭等の福祉の増進に寄与することを目的とします。
知ってて案心!生活保護の手続き
健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、一日も早く自分の力で生活できるよう手助けをする生活に困っているときに、その程度に応じて生活保護費が支給されるのが生活保護制度です。
小児医療費助成制度の手続きについて
小児医療費助成制度とは、0歳から中学校卒業までのお子さんをお持ちの家庭の経済的負担を軽減し、小児に対する福祉の増進を図ることを目的とした制度です。小学校6年生修了までのお子さんの入院及び通院、中学生以上のお子さんの入院に対する保険診療の自己負担分を助成します。