職業訓練校の選び方

MENU

職業訓練校の選び方

ハローワークの職業訓練なら、授業料は無料で学べます。

 

訓練期間、月々10万円を学びながらも給付金がもらえます。

 

うそのような話ですが、、これ、政府の「コンクリートから人へ」という施策の中心事業なんです。

 

ハローワークの職業訓練は、主に離職中の社会人に対して行われています。

 

この格安の講習会は、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪など、全国の都道府県で実施されています。

 

・求職者支援訓練(雇用保険の受給資格のない社会人に限定。旧 基金訓練)
・公共職業訓練

 

月々10万円の給付金支給制度があるのは、求職者支援訓練の方です。

 

雇用保険の受給資格のない社会人とは、具体的には、主婦、フリーター、無職の社会人、転職活動中の人などです。

 

まず、求職者支援訓練は、全国の講座が次の検索ページで調べられます。

 

(求職者支援制度・講座一覧)
求職者支援訓練認定コース情報検索

 

この検索ページでは、地域ブロック別・都道府県別に、求職者支援制度の講座が探せるようになっています。

 

 

(公共職業訓練)
職業訓練

 

公共職業訓練は、自治体や市役所のHPなどで受講生の募集が行われています。

 

主な訓練内容の種類ですが、

 

医療事務、介護職員初任者研修(旧 ホームヘルパー2級)、
介護福祉士実務者研修(介護福祉士養成のための実務者研修、旧 介護職員基礎研修)、
WEBクリエイター、WEBデザイナー、パソコン教室などいろいろな勉強が可能です。

 

審査条件に当てはまると、月々10万円の給付金(職業訓練受講給付金)がもらえます。

 

おもな受給の条件は次のとおり。

 

・離職中の社会人
・雇用保険をもらう資格がない
・本人収入が月8万円以下
・世帯全体の金融資産が300万円以下
・世帯全体の収入が年間300万円以下
・現住所以外に土地・建物を所有していない
・同世帯の中に同時にこの給付金を受給している人がいない
・求職者支援訓練(旧 基金訓練)の授業に8割以上出席
・過去3年以内に、不正な行為により給付金の支給を受けたことがない
・訓練期間中、ハローワークに来所し、職業相談を受ける

 

(参考)
厚生労働省HP(求職者支援制度のご案内)

 

求職者支援訓練の授業を行っているのは、おもに民間の資格取得学校などです。
厚生労働省が民間の学校に委託して訓練が行われるので、委託訓練とも呼ばれます。

 

【窓口は、ハローワーク】

 

問い合わせや申し込みの窓口は、最寄のハローワーク(職業安定所)です。

 

(参考)
全国のハローワークの所在地・電話番号

 

以上、無料の教室をご紹介しましたが、職業訓練校は

 

競争倍率が2倍、3倍になることがよくあります。面接等が課され、必ずしも全員が受講できるわけではないのです。

 

また、中には、内容の薄い授業を行っている職業訓練校も見受けられます。
内容のしっかりした有料の資格取得学校も選択肢に加えておくと、よりよいと思います。

 

医療事務の資格取得講座の大手としては、通学ではニチイ学館、日本医療事務協会、ソラスト、通信ではユーキャンなどがよく知られています。

 

 

 

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


職業訓練校とは
職業訓練校とは「ハローワークにて求職を申し込みをした人」を対象に、再就職に役立つ知識や技能を無料で習得させてくれる国の制度です。
職業訓練校の特典
さらに職業訓練校には、これでもかというくらい多くの特典がついてきます。時間と人生に余裕のある人ならば、ぜひとも2年コースをお勧めしたいところですが、入校時期が決まっているので入校時期をちゃんと調べたうえで退職時期を決めなくてはいけません。また、職業訓練校がお得であることは実は有名な事実であり競争率も高いのです。