国民年金を払おう

MENU

国民年金を払おう

会社を辞めると国民年金の請求が来ます。驚くのが、請求額の高さです。

 

失業期間中はただでさえ生活が苦しいのに、そのうえそれだけのお金を毎月払うなんて無理なんてこ人もいるでしょう。(法的には許されてませんが)

 

しかし、注意したいのは25年以上加入していないと将来年金がもらえないことと、

 

万が一その間に事故で障害者になっても障害基礎年金がもらえなかったり、本人が死ぬと残された妻子に遺族年金がもらえるといった得点が得られないことです。

 

国民年金は将来的にもらえる額がマイナスになる一方ということが問題になっているので、払わないなんて人が結構いますが、やがて必ず訪れる長い老後の収入確保のためには我慢して払っておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみにどうしても払えないときは“全額免除”もしくは“半額免除”の簡単な申請さえすれば10年前までさかのぼって払い込み(追納)が出来ます。なんの申請をしていない場合は2年前までです。

 

失業保険受給期間中でも解決方法があります。

 

 

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


退職後のご挨拶
会社がイヤで辞めたとしても仲のいい同僚だったり、親身になってくれた先輩なんてのはいるはずです。 そんな人たちには上司より先に会社を辞めることを相談をしておくべきです。もしかしたら、会社を辞めるよりもいい解決法ができるかもしれませんし、逆に相談をしないと他の人から辞めることが伝わり気まずくなってしまうかもしれません。
国民健康保険に加入
失業保険のほかに退職後に手続きをしなくてはいけないのが、健康保険です。会社を辞める時に健康保険証を返してしまったので、その時点で健康保険に加入していない状態になってしまっているのです。手続きの仕方は簡単で、自分の住んでいるところの市役所に行って「国民保険に入りたいんですけど」と言えばいいのです。