失業保険の手続き方法は?

MENU

失業保険の手続き方法は?

失業保険をもらうには失業保険をもらうための手続きをしなくてはいけません。
離職票が届いたら、急いで自宅の住所を管轄しているハローワークに行きましょう。
その時に必要なものは、

 

@雇用保険被保険者証
A離職票
B印鑑(認め印でOK)
C住民票もしくは運転免許証
D証明写真(3×2.5センチ)
E貯金通帳

 

の6点です。

 

ハローワークに行きそれらの書類を提出すると同時に求職の申し込みもします。

 

手続きが終わると「受給説明会」の日時や会場が記された「受給資格者のしおり」というのが渡されます。

 

この最初にハローワークへ行った日が「受給資格決定日」となります。

 

受給説明会に行くと失業者が何人か集められて係官から雇用保険制度と今後の手続きの流れの説明があり、
「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」が渡されます。

 

雇用保険受給資格者証はこれから失業給付を受けるために必要なものなので大切に保管してください。

 

2週間くらいすると今度は「第1回認定日」があります。
給付制限がない場合は、受給資格決定日から1ヶ月後の「第1回認定日」にようやく基本手当ての支給が決まり、
その数日後に初めて口座に失業手当が振り込まれることになります。

 

以後は4週間ごとに「認定日」が設定されそのたびに4週間分の基本手当が支給されます。

 

失業保険,女性,雇用保険,資格,受給期間

 

 

職種別|お仕事


副業,高収入,ライブチャット,チャットレディ,チャットレ,女性,主婦,ランキング    転職,就職,就活,求人,女性,主婦,ランキング


看護師,看護婦,准看護師,ナース,転職,就職,就活,女性,主婦,ランキング     介護ヘルパー,介護士,介護福祉士,ホームヘルパー,転職,就職,ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加 iPagerank


失業保険受給資格は?
失業保険とは、失業中の生活を心配しないで新しい仕事探しに専念して、一日も早く再就職してもらうために支給されるものです。
失業保険の支給額ってどうなってるの?
失業保険でもらるえる一般的な失業給付を「基本手当」といいます。 基本手当でもらえる金額は、年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。
失業保険はすぐもらえる?
失業保険はすぐもらえるの?の疑問に解決します。自己都合で会社を辞めた場合は3ヶ月間の給付制限というのがつきます。
失業保険の給付期間は?
失業保険をもらえる日数を所定給付日数といいます。これも年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。
失業前に有給休暇は消化した方がいい?
失業保険をもらう前の注意点になります。退職時期をきめたら、今度は自分の有給があと何日残っているのかを確認しましょう。もし、今まで有給を全然使ってないなんて人がいたら、使わないで辞めるなんてこんなにもったいない話はないです。
失業保険の受給中にアルバイトは?
失業保険の手続きをして7日間の間が待機期間です。この期間のアルバイトはダメです!待機期間に労働したことが発覚すれば失業認定自体がされず、以後の失業給付は受けられません。
失業保険受給中の扶養はどうなるの?
収入が一定額以下の者を養う者に対して税金の一部を引いたり、健康保険料などの社会保険料の支払いを免除する制度 のことをいいます。